fc2ブログ

宗教は政治ではない

曽野綾子さんがエッセイのどっかに書いていたのだが、アラブの格言に
「宗教は政治ではない」というのがある。

傷つき癒やされることのない韓国人の心ローマ法王の訪韓に沸いた韓国だったが、それも束の間・・・
JBPress アン・ヨンヒさん

文末抜粋
 法王が残した希望のメッセージなどは一時期韓国人の心を癒やしてくれたが、それを一部の政治家たちは内政干渉と受け止めているようだ。

 聖書を引用して「兄弟の罪は何度でも許すべし」と言った部分が拡大解釈され「北朝鮮の政権を無条件に許し、いくらでも援助すべきだ」に聞こえるといったこじつけを言う極右の人たちもいる。

 そして、左寄りの発言をする法王によって、朴槿惠大統領が侮辱されたとまで言う主張も出てきた。

 結局、夏祭りの後にゴミがたくさん残ってしまうように、法王の美しいメッセージは色あせてしまい、現実の問題だけが山積みになってしまった。
===抜粋終了===

そもそもがである。
キリスト教の大本というのはモーセの十戒である。
これはエジプトで奴隷だったユダヤ人達が脱出して細々とコミュニティを作って砂漠を放浪していた時に、
リーダーであるモーセに神から与えられたものとされる。

1.わたしのほかに神があってはならない。
2.あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。
3.主の日を心にとどめ、これを聖とせよ。
4.あなたの父母を敬え。
5.殺してはならない。
6.姦淫してはならない。
7.盗んではならない。
8.隣人に関して偽証してはならない。
9.隣人の妻を欲してはならない。
10.隣人の財産を欲してはならない。

裏を返せば、神に言われるほどユダヤ人達は
両親をないがしろにし、人殺しをし、浮気をし、盗むわ、偽証するわ、他人のものを欲しがったということだ。
さておきこれはイスラエルという国が無い状態で個々人に与えられた掟であるということだ。
キリストさんが宣教していた時代だって、実はローマに支配されていてユダヤ人達に政治の実権は無かった。
繰り返すがあくまで個人への戒めであって政治どうこうというしろものではない。
時代としてはこの後にイスラム教が成立するのだが、そのアラブ人が
「政治は宗教ではない」と改めて言ったという点が特筆されるべきか。

さて、麻生太郎さんはカソリック教徒であるが
彼が「竹島なんて上げちゃったらいいんです。上着をほしがってるんだから下着も、対馬も上げましょう」
と言ったことがあっただろうか。いやあるまい。

韓国の政治家達はその辺勘違いされているように思える。
宗教で政治をしてはいけないのである。
もちろん条約反故や密約反故は論外としてもだ。

話は変わってセウォル号被害者の遺族の方々。
お釈迦様が説法をしていた時に、ある子供を亡くした母親が来て生き返らせて欲しいと頼んだそうだ。
お釈迦様は、その母親に向かって「今まで一度も死人を出していない家を探して水をもらってきなさい」と言った
子を生き返らせたい母親は必死にそういう家を探して訪ね歩くのだがもちろん死人を出したことのない家などあるわけがない。
しかし、行く先々で死別の悲しみを慰めてもらい、お釈迦様のとこに帰ってきた時には悟りの境地に達してたとかなんとか。

死んだ子供を悼むのは当然としても
それを受け入れること
また、受け入れるために慰めが必要なこと
2000年来の知恵であるがなかなか馬鹿にできないと思う。

そういった知恵を受け入れないと韓国の人たちは本質的には幸せになれないんじゃないかと
老婆心ながら思ってみたりする。

"すがり付いて、涙流して、庇護を求めて、罪を悔いても
差し伸べた慈悲にも気がつかない愚かなるエゴイスト" (c)妖精帝國
という歌を思い出したりしてね。

蛇足ながら、教育勅語も捨て、宗教それなにおいしいのという日本人達も十分危ういと思う。

文責:植村(ここに入れるミドルネーム募集中)松治郎


***********************
オリジナルサウンドボックス完成
IMGP1171.jpg

***********************

迷子犬捜索中。拡散協力願う
当サイトは嫌韓宣言を応援しています





提供:神雷工房 零戦模型委託なら是非当工房へ
*零戦バカ一代記* *合成画像劇場* *オリジナルサウンドボックス*
*宮藤な痛機模型* *トゥルーデな痛機模型* *あずにゃんのむすたんぐ*  
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神雷工房カウンター
アクセスランキング