三郎四郎思い出のラバウル:トイレの話。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120930-35022226-cnn-int
====一部引用開始====
ニューデリーから約100キロの北部ハリヤナ州メワット県の村では、スラブ・インターナショナルが全ての住居にスラブ・トイレを設置した。村の住人シャクンタラさんは、密林に用を足しに行き、蚊やハエにかまれて病気になることもあった生活は劇的に改善されたと喜びを語った。
====引用終了====

若い時になぜか縁があって少しラバウルで仕事をしたのです。
で、現地のトイレ事情がどうだったのかと相方から問われたので少しその話をば。

基本的にはジャングルの中に入って行って穴を掘って用を足すわけですが、
れっきとした公衆便所もあります。
文字通りの厠で、落下先は川です。
黒光りする立派な45cm×5mの板にぽつぽつと穴が開いており
混雑している時は肩を組んで踏ん張れます。

いわゆる日本海軍式に非常に似ているのですが
まさか台南航空隊が敷設したものをまだ使ってたなんてことは…
ないですな。きっと。

ちなみに紙はありません。
文化として定着していなかったようです。
じゃあどうするのかというと
「砂」
世界の他の地域にもそういうのがあったと思います。
どうしても馴染めない日本人は近所の葉っぱをちぎって
加工してから使いました。
1.ちぎる
2.よく乾かす
3.2枚をあわせてよーく擦り合わせる。
 これをしないと表面のとげが残っていてコーモンがとんでもない事態に!
4.使う。

皆様も、もし!ジャングルでサバイバルしなければならなくなったら!
葉っぱの表面にはよく気をつけましょう。

おまけ画像。キュベレイ大阪にたつ。
キュベ大阪城を襲う





提供:神雷工房 零戦模型委託なら是非当工房へ
*零戦バカ一代記* *合成画像劇場*
*宮藤な痛機模型* *トゥルーデな痛機模型* *あずにゃんのむすたんぐ*  
スポンサーサイト

坂井三郎四郎陣中日記:キュベレイ完成

きゅべやんと通天閣
1/100 MG キュベレイ完成。
ジオンのエンブレムとか、マーキングは納品先へのカスタマイズで変更。
お嫁に行く先が大阪なので通天閣とツーショット。
そこ!
通天閣の高さとキュベレイのスペックは比較しないように!
そういう問題じゃないんです!

ふりかえって。
マラリアの発熱の中、表面処理やら磨きでウンウン唸って。
塗装に新技法投入して死にそうになって。
今、そこいらじゅう噴霧で汚染されてて。
やればできるじゃん!!オレ偉い!
と、自画自賛している最中です。
IMGP0639.jpg





提供:神雷工房 零戦模型委託なら是非当工房へ
*零戦バカ一代記* *合成画像劇場*
*宮藤な痛機模型* *トゥルーデな痛機模型* *あずにゃんのむすたんぐ*  

坂井三郎四郎陣中日記

加藤隼戦闘隊

坂井三郎四郎推薦映画

…なんだが、いつ消されるかびくびく。
今のうちに見ておけ!



提供:神雷工房 零戦模型委託なら是非当工房へ
*零戦バカ一代記* *合成画像劇場*
*宮藤な痛機模型* *トゥルーデな痛機模型* *あずにゃんのむすたんぐ*  

坂井三郎四郎苦戦記録:キュベレイ一応の完成

きゅべやん一応の完成

三郎四郎オリジナルカラーでのキュベレイ1/100一応の組み立て完了。
右肩のバインダー良く見てみろ。頭が映ってるだろ。
磨いたんだよ!もう発熱で死にそうになりながら磨いたんだよ!!
これからデカール貼ってコーティングかけて本当に完成させます。
納品状態にします。




提供:神雷工房 零戦模型委託なら是非当工房へ
*零戦バカ一代記* *合成画像劇場*
*宮藤な痛機模型* *トゥルーデな痛機模型* *あずにゃんのむすたんぐ*  

坂井三郎四郎陣中日記:きゅべやんあと少し

越路キュベ子

キュベレイ MG 1/100
とかいうやつがだいぶ出来てきました。
あとは肩パッド?みたいな?
しろもの取り付けたら最終工程です。
デカール他マーキング入れてクリアでコーティング。
イメージはちょっと越路吹雪みたいな「ろっくーでなっしっ!」




提供:神雷工房 零戦模型委託なら是非当工房へ
*零戦バカ一代記* *合成画像劇場*
*宮藤な痛機模型* *トゥルーデな痛機模型* *あずにゃんのむすたんぐ*  

坂井三郎四郎陣中日記:新聞読んでるの?新聞が許されるのは小学生までだよねーキャハハ

ここ数年でネットが発達して、大新聞や大マスコミの恥部が大きく喧伝されるようになり
朝日新聞や毎日新聞の醜態がさらされ続けております。

しかしながらです。
私に言わせればそれはもうずっと戦前からそうなのです。

私が模型製作を始めるきっかけになったことは以前書きました。

さて、甲飛会の会員の方から依頼を受けるようになった私は
やはり道の駅の駐車場で作業していたのです。
私が模型のゴミを駐車場のゴミ箱に大量につめこむものだから
そのうち箱の入り口を狭くされましたがそれはさておき。

地元でも成功されていた元パイロットの人が私の作業を横で見ながらいろいろと当時の話をしてくださいました。
ひがな一日です。
想像してみてください。
ちょっとアレな風貌(安岡力也の3割引きくらい)のおっさんが模型をつくり
その横で名士が話しこんでいるのです。道の駅の駐車場で!
誰かの目に留まり、それが地元の新聞社の耳にも入りました。

ある日地方新聞の取材と言うのが来ました。
私はちょっと存在が公になるのは困るという理由でお断りしたのですが
元パイロットの名士は
「あなた方新聞が私たちの思いを、
命をかけて国のために闘ったこと一度でもちゃんと書いたことがあるのか
私たち兵士の思いをくんでくれるのはこの模型師さんだけだ」
と怒って帰してしまいました。

それからもです。
私は我々の先人が命をかけて戦った事実を残すという意味で
少しでもリアルな模型を作ろうと、会の人達や、紹介していただいた方々に会い
戦争当時の話を聞く活動をしていました。

一言で会うといってもなかなかそうは行きません。
紹介されていてさえ、水を撒かれることもありました。
家に上げてもらうまで1年間かかったこともあります。

そうして聞いたお話ですが
色々なエピソードがありながらも
皆様一様に
「新聞にだまされた」
とおっしゃいます。

戦前、戦中は「米英なにするものぞ」
と軍国主義、国粋主義をあおりたてながら、
敗戦するとてのひらをかえしてアメリカ万歳、自由万歳となる。
取材を受けたこともあるが、全てねじまげられて自分たちの意図は記事にならない。

どうせ話を聞きに来るといってもまただまされるだろうと
私は水を浴びせられたのです。

良い子の皆。
新聞ていうのは事実が書いてあることもあるが
余計な思想、思惑で装飾されて、新聞社のスポンサーにとって都合のいいように捻じ曲げられているんだ。
けっして頭から信じちゃいけないぞ(はぁと。




提供:神雷工房 零戦模型委託なら是非当工房へ
*零戦バカ一代記* *合成画像劇場*
*宮藤な痛機模型* *トゥルーデな痛機模型* *あずにゃんのむすたんぐ*  

坂井三郎四郎の蔵出し情報:零戦の塗装について

えー。巷では零戦の塗装について三菱製と中島製では違っているとの情報がありますが。
尾翼にかけて跳ね上げているものとそうでないものがあります。

三郎四郎が自分でガソリン代を出して、
お土産に菓子折りを持参して、
三顧の礼をつくして得た情報によりますと。

製造工場での塗り分けはありません

どういうことかというとこうです。
工場出荷時には現代で言うサーフェイサーとして灰白色か灰緑色に塗装されていますが、
配備される基地、または航空隊に納品された後に
整備兵の手によって塗装されます。
跳ね上げるのかそうでないかは、
その所属部隊の艤装するときの塗装の好みで分かれていたとの情報を頂いた事があります。

では三菱製、中島製に違いはあったのか。
スピナーの全長が数センチ違ったそうです。
どっちがどうかは調べやがれ。

あと、製造番号を記入するプレートも。
詳細は探しやがれ。

てなところです。




提供:神雷工房 零戦模型委託なら是非当工房へ
*零戦バカ一代記* *合成画像劇場*
*宮藤な痛機模型* *トゥルーデな痛機模型* *あずにゃんのむすたんぐ*  

三郎四郎の暴言:良い韓国人

よくネットでは「良い韓国人は死んだ韓国人だけだ」などという誰かが言った台詞のパロディが流布していますが。
私は良い韓国人を知っている。
名前は朴さんとしておこう。
朴さんはイミテーション商人だ。
悪く言えばレプリカとか偽物を日本に輸入していた。
来るたびにパスポートの名前が変わっているお茶目さんだ。
…そこ!この時点で悪人だろってつっこみはまずおいておけ。

もうずいぶん前の話になるのだが、彼と付き合い始めた時に慰安婦問題などを話したことがあった。
朴さん曰く
「そんなの知らないよ。自分は関係ないし、
今の日本人だって関係ないだろ?その頃オレは精子にだってなってないよ」
「おれはビジネスマンとして、それなりの商品をそれなりの値段で買ってもらってるだけ
謝罪とか賠償とかわめく乞食じゃない」
「だいたい日本人に商品買ってもらってるのに、
その日本に謝罪だ賠償だって言ってたら商売にならないだろ?」
「日本人がアメリカに商売しにいったとしようよ
鬼畜米英だとか広島長崎を忘れないとか言いながら商売できるわけないじゃん」
「親日罪?ばかだよねぇ。商売相手とか仲良くしたい相手にそれはないよ」
「残念ながら韓国人はキチガイだから、言論統制しとかないと国が滅んじゃうんだよ」
などとずけずけと至極まっとうなことを言うのでそれから10年もつきあいがあった。
もう一度言っておくが、彼は韓国人である。

経験で言うならば、確かに韓国人はどうしょうもないイカレタ奴のほうが割合として極端に多い。
実際問題として、近年の暴排条例制定などは、くいつめた在日暴力団の仁義を忘れた暴挙が国を怒らせたのだと言っても過言ではない。

しかし、人間に100%はないのである。
キチガイ人種の中にまっとうな奴も居れば
温厚で平和な人種の中にも規格外ってのは存在するのだ。

そこんとこ狭い視野で見ていたらいけないよ。
と、もうすぐ還暦のおっさんの知恵袋として聞いてもらいたい。



提供:神雷工房 零戦模型委託なら是非当工房へ
*零戦バカ一代記* *合成画像劇場*
*宮藤な痛機模型* *トゥルーデな痛機模型* *あずにゃんのむすたんぐ*  

坂井三郎四郎陣中日記:怖い話が止まらない

仕事しながらYouTubeの怪談話を流しているわけですよ。
うわ、こえーーwとか言いながらエアブラシ吹いてます。

そんななか相方から
「おめーの怖い話はないのか」
と問われ、そういえばこんなことがあったなというお話。

18歳のころ私は大阪に居た
Iスカイラインという山道にちょくちょくバイクで走りにいっていたのだ。
その途中に小さい公園があり、ベンチと藤棚のような日よけがある。
私はそこで停まったことはなくいつも通過していたのだが
ある日夢を見た。
その公園のベンチで柱に自分の名前を書いたのだ。

それから半年後。
彼女ができて、バイクの後ろに乗せて冬の夕方のその道を走っていた。
(ああ、あの公園で休むか。夜景がキレイだろう)
二人でベンチに座り、見下ろすとY空港や町並みの灯火が見える。
「そういえばな、オレここに来た夢見てん」
言った時には彼女は私の名前が書かれた柱を見つけていた。
当然、他の女と来たことがあるのねと激昂され、大喧嘩になりました。

どっとはらい



提供:神雷工房 零戦模型委託なら是非当工房へ
*零戦バカ一代記* *合成画像劇場*
*宮藤な痛機模型* *トゥルーデな痛機模型* *あずにゃんのむすたんぐ*  

坂井三郎四郎陣中日記:キュベレイ進捗85%

きゅべやん
私事多忙だったり体調不良だったりですが
キュベレイ製作進行中。
ここまできました。
三郎四郎は写真が下手なので白く飛んじゃってますが
ほんとに真っ白でキレイなんだよ!
あえてオリジナルカラーで塗っているので
ハマーン様仕様じゃないって突っ込みは無しの方向でお願いします。




提供:神雷工房 零戦模型委託なら是非当工房へ
*零戦バカ一代記* *合成画像劇場*
*宮藤な痛機模型* *トゥルーデな痛機模型* *あずにゃんのむすたんぐ*  
神雷工房カウンター
アクセスランキング
模型戦闘機ツイッター